· 

平成30年度 バドミントン インターハイ予選【東京都】結果報告

 

昨日はインターハイ予選に実践学園高校のサポートで小岩高校に行ってきました。

 

女子はサポートを開始して1年半、男子はまだ9ヵ月ですが、男女共に決勝トーナメントに進出、インターハイ出場を目指します!



出典:東京都高体連バドミントン専門部ホームページ



【男子】

 

男子はインターハイ出場を目標に順当に決勝まで駒を進めましたが、決勝で関東第一に1-3で敗れインターハイ出場とはなりませんでした。

 

男子は怪我無くここまでこれましたが、キーマンになる1年生プレイヤーに脚が攣る癖があり大事な試合までにこの癖を改善する事がカギでした。入学してすぐの関東予選では途中脚が攣ってしまい負けておりそこから食事と水分補給の摂り方を改善し、脚のコンディショニング種目をやるよう指示し、昨日の試合ではベストな状態で試合に臨めましたが惜しくも敗北してしまいました。この悔しさは来年のこの大会で晴らしてもらいたいです!

 

 

 

【女子】

 

女子も男子同様インターハイ出場を目指しまずは決勝まで進むことを目標にここまでやってきました。初戦は関東大会出場の錦城学園相手に3-2で競り勝ち準決勝に駒を進めました。準決勝も関東大会出場の小岩高校、0-3で敗れましたが一進一退のいい試合でした。ここで気持ちを切らさず3位決定戦ではこれまた関東大会出場の東京家政に3-1で勝利を収め見事3位で大会を終えました!

 

女子は春合宿で怪我人が続出する中予選会から勝ち上がりここまで来ました。今大会主力の3年生は中学時代に都大会に出場経験があるのが2人のみ。それでもここまでの結果を最後に残せたのは選手の努力の賜物だと思います。監督・コーチと普通の選手を強く!強い選手はより強く!を合言葉に育成に力を入れてきた結果が実を結びました。そこにトレーナーとして少しでもコンディショニングが役に立ったと思ってもらえていたら嬉しいな。。。

 

 

全ての試合が終わりふとfitbitに目を向けると驚く数値が…

 

普段2,500くらいの消費カロリーがこの日はなんと4,000オーバー!

 

湿気マックスの体育館で応援しているだけでこれだけ消費しているのだから3試合こなした選手達はもっと消費していたでしょう。

 

皆よく頑張ったね!!

 

そして応援の生徒や保護者の皆様も脱水症状、熱中症にはお気を付けください。

 

脱水症状・熱中症予防の為の正しい水分補給方はコチラをご覧ください。

 

 

今大会で3年生は引退し、今日から新チームが始動しています。

 

このチームから入学からコンディショニングを取り入れています。

 

コンディショニングを定着させ、また来年この舞台に帰ってきますので応援よろしくお願いします!